A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

浪漫鉄道(途上篇・蹉跌篇)~谷村新司さん逝く  

昨日(10月16日)、谷村新司さんが10月8日に亡くなられていたことが公表されました。
自分が10代の頃、アリスはヒット曲連発の全盛時代で今もレコードを持っていますが、鉄道メインの当ブログでは、「浪漫鉄道(途上篇・砂鉄篇)」のシングル盤でお別れとさせていただきたいと思います。

ジャケット写真は何故かアメリカの鉄道風景です。
浪漫鉄道(途上篇・蹉跌篇) 198510

A面が「浪漫鉄道(途上篇)」、B面が「浪漫鉄道(蹉跌篇)」です。
浪漫鉄道(途上篇・蹉跌篇) 198510

A面は、ナショナル ルームエアコン「楽園」のイメージソングでした。
個人的にはB面の歌詞の方が好きでしたね。
♪枕木に落ちた夢の跡を数えながらいま 右のレールは東京の街まで続く 左のレールは故郷のなつかしい街へと
挫折と憧れだけ 震えながら抱きしめた 線路の軋みは似てる 旅人の叫び声に♪

当ブログにおいて、谷村さんの曲では、アリスの「遠くで汽笛を聞きながら」と山口百恵さんの「いい日旅立ち」を紹介させていただいたことがありました。
この2曲もジャケットをあらためてご紹介させていただきます。
遠くで汽笛を聞きながら いい日旅立ち

74歳、まだこれからも名曲を創られたであろうと思うと残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします。

「浪漫鉄道(途上篇)」(YouTube)はこちら
「浪漫鉄道(砂鉄篇)」(YouTube)はこちら

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

谷村新司 浪漫鉄道 アリス 遠くで汽笛を聞きながら いい日旅立ち

Posted on 2023/10/17 Tue. 06:27 [edit]

category: Audio & Visual

tb: 0   cm: 8

ATH-ESW9(audio-technica)~プラグ交換  

先日、家族が使っているオーディオテクニカのATH-ESW9というヘッドフォンの左側の音が出なくなったというのでチェックしました。
プラグを動かしてみると角度によっては音が出るので、どうもプラグの根元に近い部分が断線しているようでした。
しかし、自分のヘッドフォンやイヤフォンは長年使っていても断線などしたことがないのに普通に使っていてどうして断線するのでしょう。
どうせ端子から抜く時にケーブルを引っ張ったりしたのでしょうが本人は認めません。
原因は何にせよ直す必要がありますが、メーカーや専門店に修理を依頼すると1万円くらいかかるので、今回は自分で修理することにしました。

プラグの根元が怪しいです。
ATH-ESW9 (1)

ヨドバシでアンフェノールのKS3PC-AUという3極プラグ(662円)を入手しました。
ATH-ESW9 (2)

勇気を出してケーブルを切断します。
ATH-ESW9 (3)

外皮を切り取ります。赤がR、緑がL、金2本がGです。
ATH-ESW9 (4)

グリップ部分をケーブルに入れ芯線の先はやすりで磨いてGの2本は束ねます。
ATH-ESW9 (5)

向きが逆ですが、Tip(L)・Ring(R)・Sleeve(G)にそれぞれ半田付けします。
ATH-ESW9 (6)
完成!直りました。
ATH-ESW9 (7)

半田付けは昔から苦手で綺麗にできなかったので写真はカットいたしました。
半田付けのコツについてはYouTube等に動画がありますのでご確認ください。
今回は、再度壊れた時のための備忘録としての記述ということでお許しください。

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

オーディオテクニカ ATH-ESW9 ATH-ESW10 ATH-ESW950 ATH-WP900 

Posted on 2023/10/09 Mon. 22:44 [edit]

category: Audio & Visual

tb: 0   cm: 4

俺たちの旅(三鷹跨線人道橋)~48年後の定点撮影  

昨日(10月7日)は、5回目の新型コロナワクチン予防接種を受けました。
1~3回はモデルナワクチンで1回目:37.5℃、2回目:42℃、3回目:40℃の熱が出ましたが、4回目のファイザーワクチンでは37℃で済んだので、その程度で済むかなと思っていましたが、5回目の今回は今日の未明に38℃まで熱が上がりました。
蜂に刺されると2回目の方がアナフィキラシーショックになる確率が高いと聞きますが、やはり2回目の方が抗体の反応が強く出るのでしょうか。
そんなことで今日は1日大人しくしています。

さて、今回は、先日ご紹介した中央線の続きです。
「体験王国いばらきヘッドマーク」を掲出した中央線E233系(T25編成)を撮影後、ブロ友氏にご教示いただいた「俺たちの旅」第1話のエンディングで出て来た三鷹の跨線人道橋へ行って来ました。

「俺たちの旅」第1話(1975年)からです。(先日アップしたばかりですが…)
俺たちの旅(第1話)より

48年後(2023年)の定点撮影です。
三鷹車両センター 202310

若干角度が違ってしまったようですが、この場所で間違いなさそうです。
1975年当時は、上部の金網は設置されていなかったのですね。
背景にはビルやマンションが立ち並び、時の流れが感じられますが、三鷹電車区(現三鷹車両センター)自体は検修庫もほぼそのままのようですし車両以外はあまり変わっていないようです。
本記事では触れませんでしたが、太宰治ゆかりのこの跨線人道橋は今年12月に解体工事に着手するとのことです。
工事が始まると渡ることはできなくなるでしょうから訪問されたい方はお早めにどうぞ。

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

俺たちの旅 ただお前がいい 中村雅俊 田中健 秋野太作 三鷹車両センター 165系  70系 115系 三鷹電車区 撮り鉄 鉄道 

Posted on 2023/10/08 Sun. 15:54 [edit]

category: Audio & Visual

tb: 0   cm: 6

165系ほか(俺たちの旅)~此処は何処でしょう  

かなり時間が経ってしまいましたが、アシェットから「昭和傑作テレビドラマDVDコレクション」シリーズが発売されています。
第1号は「俺たちの旅」の第1・2話でしたが、買ったままになっていて、先日やっとDVDを観たら第1話に以下の鉄シーンがありました。
165系(169系?)、クハ76(70系)、クハ68?、115系のほか、181系らしき姿も映っていますが此処は何処でしょう。
これらの車両から判断すると、「俺たちの旅」のロケが行われた1975年当時の長野運転所のように思われますが、わざわざ長野まで行ったのかどうかわかりません。⇒ブロ友の某氏より三鷹電車区とご教示いただきました。
俺たちの旅(第1話)より

もう1つの鉄シーンは、エンディングで散文詩が掲示される部分です。
左の車両は動いている115系、今なら批判必至の線路内立ち入りですね。
俺たちの旅(第1話)より

中村雅俊さんの「俺たちの旅」シングル盤ジャケット(表面)です。
俺たちの旅(ジャケット表面)

裏面です、自分はB面の「ただお前がいい」の方が好きでした。
俺たちの旅(ジャケット裏面)
作詞作曲の小椋佳さんは、当時、大手銀行に勤務しながら音楽活動をされていましたね。
天が二物を与えることがあるのだなと思いましたが羨ましい限りですね。
なお、掲載が不適等のご指摘などがあった場合は速やかに該当箇所を削除いたします。

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

俺たちの旅 ただお前がいい 中村雅俊 田中健 秋野太作 長野総合車両センター

Posted on 2023/10/04 Wed. 06:31 [edit]

category: Audio & Visual

tb: 0   cm: 9

DRY & WET(ナガオカ)~ベルベットの交換  

昨日、ナガオカのレコードクリーナー「DRY & WET」のベルベットの交換をしました。
オーディオテクニカのレコードクリーナーも持っているのですが、長年使っているこれがやはり使いやすいのです。
それに、何といってもWET部分に専用のクリーニング液ではなく水を入れればよいというのが簡単手間いらずです。
以前、ナガオカに再生産の要望メールを出したことがありますが、返事すらもらえなかったのでダメ元で自前交換してみました。
現物はこちらです。
DRY & WET NAGAOKA 1

1980年頃から40年以上使用して来ましたが、さすがに寿命がきて青い方(DRY側)のベルベットが部分的に剥げてしまいました。
DRY & WET NAGAOKA 2


本体の隙間に精密ドライバーを入れて分解したら、はめ込み式と思っていたのですが接着されていたので内部が一部破損してしまいました。
また、ベルベットと本体の間にスポンジが入っていました…そりゃそうか。
DRY & WET NAGAOKA 3

ベルベットは日暮里で調達、薄いスポンジを形を併せて切り取り、その上にベルベットを両面テープで貼り付けて再セットして直しました。
元々両面テープで貼り付けてあったので問題ありません。
DRY & WET NAGAOKA 4

ネットで商品情報を探しましたが1つしか見つかりませんでした。
(保護されていない通信と表示が出たのでアドレスは記載しません。)
1979年に1,500円だったとのことです。
忘れてましたが透明カバーがあったのですね。
DRY & WET NAGAOKA 5

これでまた暫くは使えると思います。
なお、ベルベットの交換をされる方は布目の方向に注意してください。
逆目になると摩擦が大きくなります。
こんなものを直す人はあまりいないとは思いますが…

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

レコードクリーナー NAGAOKA レコード針 

Posted on 2023/09/03 Sun. 07:35 [edit]

category: Audio & Visual

tb: 0   cm: 2

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top