A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

EF63(峠を越えて)~軽井沢駅にて  

一昨日、「碓氷峠鉄道文化むら」でEF63に会ってきました。
残念ながら信越本線を走行することはもうありませんが、昔と変わらず威風堂々としていました。
 
「鉄道文化むら」は、機会をみてご紹介いたしますが、今回は補機としての仕事が一段落して軽井沢駅で佇む2両のEF63をご紹介します。
撮影は前回のEF63 8と同じ1978年(昭和53年)の7月、横川で少し写真を撮った後、軽井沢に行ったのでしょうね。写真はメモによればEF6320+EF6314です。

 
世間的にどうかはともかく自分の中で軽井沢駅といえば「これ」です。
さだまさしさんが1979年(昭和54年)に発表したLP「夢供養」。
特に出だしの3曲、唐八景~風の篝火(かがりび)~歳時記(ダイアリイ)のつながりが最高です。4曲目には「待つわ」の「あみん(岡村孝子&加藤晴子)」のグループ名になったコーヒー・ベーカリー「安眠」が登場する「パンプキン・パイとシナモンティー」という歌も入っています。
…で、このLPのジャケットが軽井沢駅で撮られたものなのです。
はっきりとは言い切れませんが、上の写真の機関車左後部のポイントとジャケット写真の車掌車の右後部のポイント及びその上の信号機の感じからすると、上の写真を私が撮っていたホームのもう少し左側にさださんが立ち、カメラマンの方は更に隣のホームから望遠レンズでジャケット写真を撮られたのだと思います。

 
今売っているCDはジャケットが変更されてしまっているようですが、このジャケット写真のLPは今でも自分のお気に入りです(写真は所有しているLPです)。
おそらく今はもうこの情景は撮れないのでしょうね。
 
ちなみに、「風の篝火」はこちらです。
長野県辰野町の蛍祭りをモチーフにされている旨、ライナーノーツにありました。
なお、「夢供養」を「むきょうよう」と読まないでくださいとの注意書きもありました(笑)。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2012/08/12 Sun. 12:22 [edit]

category: 鉄写(OLD)

tb: 0   cm: 0

D51(SL碓氷号)~約15年ぶりに会うD51498  

先日、信越線碓氷峠のEF63の写真をアップさせていただきましたが、そうしたら無性にEF63を見たくなりました。
ちょうどお盆でもあるし「たまには田舎に帰るか」という名目で、「碓氷峠鉄道文化むら」に初めて行くことにしました。開園は1999年とのことですので13年も前なのですね。
 
「鉄道文化むら」は、機会をみてご紹介いたしますが、この週末は信越線と上越線でSLも走るということだったので、「これも久しぶりだなぁ」ということで8/10の早朝に、≪田舎へGO!≫しました。しかし、外環道がなんと21kmの渋滞、ヘトヘトになりながら、なんとかギリギリで横川駅手前に辿り着きました。
自分が横川で写真を撮るのは、多分1978年にEF63を撮って以来33年ぶりだと思います(EF63さよならフィーバーの時も全く無視していました)。
 
それで撮ってきたのがD51 498、あまりに有名ですので今さら珍しくもないでしょうが、自分が会うのは90年代半ばに高崎~水上で走っていた臨時列車(「SL奥利根号」だったかな?)に乗って以来です。

かなり遠かったのでトリミングしました(すみません)。

 
更に時代を遡ると、D51 498は上越線の後閑駅に静態保存されていたんですよね。
小さい頃、後閑にお爺さんの知り合いがいて何度か連れて行ってもらったことがあり、その頃D51を見た覚えがありましたが、そいつがこれなんですね。

残念ながら、ここでは煙を吐いてくれませんでした。

 
本当はもう少し早く着いてじっくり場所決めをしたかったのですが、外環道があんなに渋滞しているとは思いませんでした(普段お盆に移動しないため、お盆休みを甘く見ていました)。
しかし夏の真昼間は暑かったですね。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2012/08/12 Sun. 11:03 [edit]

category: 鉄写

tb: 0   cm: 4

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top