A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

愛の国から幸福へ(愛国発幸福行)~国鉄広尾線  

タイトルで何のことかすぐわかった方は、それなりの年齢ですね(笑)。
1970年代半ばに流行した北海道広尾線の愛国発幸福行の切符をキーホルダーにしたもので、当時は多くの人が持っていたのではないでしょうか。
もう一つは、函館本線銭函駅の入場券です。お金が貯まるといわれてました(ちっとも貯まりませんが…)。

 
広尾線は国鉄改革により1987年に廃止されてしまいました。
一度だけ愛国駅&幸福駅に行ったことがあるのですが、残念ながらネガが行方不明になっています。
 
〔2013.8.27追記〕
発見したネガをこちらにアップしました。
よろしければご覧ください。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2012/08/26 Sun. 19:53 [edit]

category: ~模型・グッズ等

tb: 0   cm: 6

Audio Technica AT33LTD  

オーディオ関係はこのところすっかりご無沙汰でシステムの電源も月に1回入れるか入れないかみたいなことになっています。
先日、久しぶりにCDでも聴こうと思ったらMarantz SA-14のトレイが開かなくなってしまっていて焦りました。
理由はよくわかりませんが、あまりに使わなかったため、固まってしまったようです。
OPEN/CLOSEボタンを何回か押しているうちに開きましたが、やはり機械は時々使ってあげないとヘソを曲げるのでしょう。あまり酷使してもガタが来るので難しいところです。

…で、久しぶりにレコードプレイヤーをいじってみました。
カートリッジはAT33LTD、Audio Technica(オーディオテクニカ)のMCカートリッジです。
このカートリッジは、AT33MLを改良した限定バージョンで、限定1000台で販売されたものです。
AT33MLを使用したことはないのですが、第一世代のAT33Eは使用していたことがあり、
高城の伸びがイマイチだった覚えがあるのですが、このAT33LTDは超高城まで軽々と再生します。
広がり感もありSACDのような感じで、自分としてはかなり好きなタイプのカートリッジになります。

 
データシート、取扱説明書は以下のとおりです。
音はスペックだけでは分かりませんので参考にしかならないという認識ですが、
マイクロリニア針であることが、繊細な超高城再生に一役買っているのは間違いないでしょう。

 
 


 

 
話題のブログはこちらから
 
 

Posted on 2012/08/26 Sun. 13:50 [edit]

category: Audio & Visual

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top