A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

EF55(高崎第二機関区)~錆び付いた老兵  

EF55 1は、1964年(昭和39年)の引退後、中央鉄道学園で静態保存されていましたが、何時の頃からか高崎第二機関区に場所を移してターンテーブル脇に留置されていました。
写真は1975年(昭和50年)12月28日に撮影したものですが、ナンバープレートが外され、色は赤茶色に変色し、錆びもあちこちから浮き出ており、朽ち果てるまで秒読み段階といった感じでした。
留置されていたというよりも放置されていたといった方が正しいかもしれません。

 
これが、1978年(昭和53年)10月14日に準鉄道記念物の指定を受けたことでピカピカに整備され、さらに、1986年(昭和61年)には復活することとなるとは、夢にも思いませんでした。
 
〔追記〕
書こうと思って忘れてしまいましたが、9月8日にJR東日本高崎支社が「高崎鉄道ふれあいデー」というイベントを開催します。
このイベントには、この写真と違って綺麗になったEF55 1の他、EF64 39、D51 498、EF65 501、DD51 842が展示されるとのことです。詳しくはこちらに。
自分は行けないだろうなぁ。
 

 
 
話題のブログはこちらから
関連記事

Posted on 2012/09/04 Tue. 06:52 [edit]

category: 鉄写(OLD)

tb: 0   cm: 6

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top