A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

EF63 + EF62(急行軽井沢51号)~三重連出発準備完了  

信越線の横川~軽井沢間(碓氷峠)が廃止されて今日で15年、今月2回目の横軽写真です。
前回も書きましたが、廃止当時は非鉄状態で写真を撮っておりませんので、昭和時代の1枚をアップします。
 
写真は、1978年(昭和53年)7月の軽井沢駅で撮った臨時列車、急行「軽井沢51号(9612レ)」です。
これから峠を下る列車(EF62 + 14系客車)にEF63が連結されて、職員の方々が列車から離れていくところだと思います。
機関車は、EF63 25 + EF63 24 + EF62 20でした。左手奥にも別のEF63が見えますね。


日本の鉄道史の中でも特別な存在であったはずの横川~軽井沢間が、まさか廃止になってしまうなどとは、この当時は夢にも思いませんでした。
国鉄分割民営化にあたって、多くのローカル線が廃止になりましたが、整備新幹線計画の実行にあたっては、「本線」と名前が付く路線ですらも遠慮なく分断されてしまいます。
JRが、新幹線を建設・運営することとのバーター取引ですが、これが民営化なのだとすると今更ながらちょっと悲しいですね。

子供の頃、群馬県に住んでいたこともあり、碓氷峠の「アプト式」や「粘着式運転」という単語は、学校の試験に出た記憶があります。
当時、歴史だったのは「アプト式」だけでしたが、横川~軽井沢間にレールがあったこと自体が歴史の一つになってしまいました。
 
〔追記〕
タイトルを「軽井沢52号」と記載してしまいました。
メモが間違っていなければ「51号」が正しいと思いますので修正いたしました。
上りが偶数表示になったのはいつ頃でしたっけ?
 

 
 
話題のブログはこちらから
関連記事

Posted on 2012/09/30 Sun. 17:21 [edit]

category: 鉄写(OLD)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top