A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

2100形(2109号機)~B6復活と一本の電話  

先週1月19日に日本工業大学で運転された2100形の2109号機です。
不調で運転を取りやめていたものですが、先月に復活、運転を再開したとのことでしたので、見学に行ってきました。
場所は、東武スカイツリーライン(いまだに馴染まないです、伊勢崎線の方が馴染みます)の東武動物公園の近く、JR東日本なら東北本線の新白岡または久喜からになりますが、距離にして4~5kmはあると思います。

 
そして、2109号機の写真を撮って帰ってきた夜に電話が鳴りました。
田舎(群馬)で母親が、高齢者にありがちな家の中での事故で大腿骨関節部を骨折、救急車で運ばれたととのことでした。
ドタバタと急遽翌朝出かけ、病院に着くと病院はマスクをしないと建物内に入れませんでした。
(どこも同じでしょうがインフルエンザが流行っているようです。)

 
昨日は、医師から症状の詳細と手術に関する説明を受けました。
手術自体も心配ではあるのですが、年齢的にもともと足腰が弱っていたこともあって、その後のリハビリがちゃんとできるのか、動けなくならないかが心配です。
 
以上、ここ数日の状況を簡単に書かせていただきましたが、しばらくの間は、田舎に通う必要があり、ブログの更新頻度も落ちるかもしれませんが、引き続きよろしくお願いします。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/22 Tue. 07:16 [edit]

category: 鉄写

183系(成田山新勝寺と初詣臨時列車)~185系は…  

成田山に行ったことがないという人がいたので、先週土曜日(1月12日)に成田山新勝寺へ行きました。
自分は7~8年前に仕事で何回か成田へ行ったことかあり、新勝寺もその時に一部見てはいたものの正月に行くのは初めてでした。
成田には1時半過ぎに着いたので、何か食べようと思ったら何処も行列、比較的空いていた鰻屋へ入ったのですが、待たされること45分、値段も味もイマイチだったので、これなら他の店にすればよかったと思いました(名前は伏せますが二度とあの店には行かないと思った次第です)。
 
敷地は広大です、これが本堂。
そういえば、今年の節分には「綾瀬はるか」が来るらしいですよ(どこかに書いてありました)。

 
参道のだるま屋です。
買おうかと思ったのですが、群馬で育ったせいか、高崎だるま以外の顔にちょっと違和感があって結局買いませんでした。


…で、新勝寺はこれだけでおしまいにします。
実は、成田山へは車で行ってしまったので、別の日に撮った今年の初詣臨時列車です。
まずは、1月5日、総武線経由の成田行183系、ヘッドマークは「団体」でした。

 
次は、1月13日、武蔵野線・常磐線経由の成田行183系、正面は白幕だったため割愛しますが、リアには「初詣」ヘッドマークが入っていました(今年はフロント「初詣」ヘッドマークは撮れませんでした)。


他にもE257系や「臨時」ヘッドマークの初詣列車を撮ったりしましたが、似たり寄ったりなので掲載は割愛します。
最後に、今年は設定がなかった(と思う)185系の初詣列車を…撮影は2012年1月11日です。
今年の初詣列車は去年より減少しているようなので185系の出番はなかったのかもしれません。


実は、本ブログに昨年1月に最初にアップしたのがこの写真でした。
再掲ですが、当時はおそらく誰も見ていないだろうということで、また、185系の「快速」ヘッドマークは珍しいかもしれないなと思って再アップさせていただきました。
実際は珍しくないのかもしれませんが、正直自分はよくわかりません…
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/19 Sat. 07:13 [edit]

category: 鉄写

tb: 0   cm: 8

オヤ17(変わり種教習車)~新前橋にて  

1989年(平成元年)1月頃に上越線の新前橋駅で撮ったものです。
この頃は非鉄時代で、ほとんど鉄道写真など撮っていなかったのですが、変わった車両がいるなと思ってシャッターを押したようです。
そして、そのまま20年以上もほったらかし…フィルムスキャンしてやっと目に付きました。
車体番号はオヤ17-1、運転台らしき窓があるので電車かと思ったら客車だったのですね。
オヤ17は、食堂車オシ17から改造された教習車で2両しかなかったようですが、その2両も外観は異なっていたようです。

 
このオヤ17-1には、講習室の他、電気機関車(EF81?)の運転台シミュレーターが設置されていたとのことです。
秋田運転区に配置されていたようですが、1987年に廃車になっているようです。
そのオヤ17-1が、なぜ新前橋にいたのかわかりませんでしたが、どうも高崎運転所で保存のために集めた一両だったようですね。
現在はオシ17-2055に復元されて、碓氷峠の鉄道文化むらに保存されているとのことです。
そんなことを知らなかった自分は、昨年初めて行った鉄道文化むらでオシ17を全く無視していたのでした…(悔)。
なお、鉄道文化むらのオシ17の室内には、オヤ17時代の機器が残されているようです。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/18 Fri. 06:31 [edit]

category: 鉄写(OLD)

tb: 0   cm: 4

「ニコニコ超会議2」で新幹線200系・E1系公開買付を開催、超会議号も走る!  

貸切寝台特急「ニコニコ超会議号」がまた走るようですね。
大阪発で上越線経由の上野行だったかな(きちんと確認していませんが)。
自分は、前回撮りに行けなかったので、今回は行きたいです。
記事は、昨日のImpressより、鉄道関連のみ抜粋しました。
 
株式会社ドワンゴと株式会社ニワンゴは15日、4月27日~28日に幕張メッセで開催する
イベント「ニコニコ超会議2」の発表会を開催した。
 (中略)
鉄道関連の企画では、前回と同様に大阪から上野に向かう貸切列車「ニコニコ超会議号」を向谷実氏のプロデュースにより運行することを発表。
また、前回も行った「公開解体買い付けショー」は、今回はJR東日本の協力により200系とE1系新幹線の2台について、部品の公開買い付けを会場と車両基地を中継で結んで実施。
JR九州、小田急電鉄、京阪電鉄、東京メトロなど鉄道各社がブースを出展する[鉄道縁日]を実施することなどを発表した。
 
URL :ニコニコ超会議2
lmpressの記事はこちら
なお、掲載が不適とのご指摘などがあった場合は速やかに削除いたします。
 

 
 
話題のブログはこちらから

 

Posted on 2013/01/17 Thu. 06:33 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 4

EF16(在りし日の水上機関区)~機関庫内にて  

EF16については、鉄道ファン表紙風の写真を1月3日にご紹介させていただいたところですが、思った以上に評判?がよかったため、同じ日に撮った写真を追加でアップさせていただきます。
撮影は、1979年(昭和54年)1月3日、上越線水上機関区の機関庫内風景です。
一番手前がEF16 25号機、奥右が21号機、奥中央が31号機、奥左がDD13 143号機でした。

 
カメラはPENTAX K2、レンズはsmc PENTAX 55mm F1.8とのメモがありました。
昨日ご紹介した上野駅の583系寝台特急「ゆうづる」を撮ったのと同じ組み合わせですね。
この写真は、1/60、f1.8で撮っていたようですが、今のレンズではなかなかこのような立体感は出ないのではないかと思います。まあ、その辺りは好みによるでしょうし、現代のレンズでは描写は何でもカリカリが良いということになっているようなので、こういう写真は受けないのかもしれませんが…
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/16 Wed. 07:22 [edit]

category: 鉄写(OLD)

浜田省吾(ファンクラブ・イベント)~今回は忘れずに!  

久しぶりに浜田省吾さんのファンクラブ・イベントがあるようで、昨年末に案内がきていました。
抽選になるはずですが、申し込まないと当たりません。
東京は6月ですが、もし転勤になると(場所にもよりますが)当たっても行けなくなる恐れが…
過去に行った記憶があるのは、東京FM、国際フォーラム、宮城県民会館、JCBホールかな?
他にも行ったかもしれませんが忘れてしまいました。

 
一番酷かったのは国際フォーラムのホールAの時で3階だか4階だか、要するに5000人も入るホールの最後列だった時で、ほとんど見えませんでした。
ファンクラブ・イベントは値段は全員一律なのですごい不公平感を感じましたね。
まあ、前回のツアーは行けなかった(ファンクラブでの申込日を失念していました)ので、このイベントには行きたいところです。
当たるといいなぁ…
 

 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/16 Wed. 06:59 [edit]

category: Audio & Visual

tb: 0   cm: 7

583系(寝台特急ゆうづる)~北へ!  

昨日は、2012年末に上野駅で撮った583系寝台特急「あけぼの」をご紹介させていただきましたが、今回は583系繋がりで、同じ上野駅で撮った寝台特急「ゆうづる」をご紹介いたします。
「ゆうづる」は、以前ご紹介した急行「十和田」と同じく、常磐線経由で青森へ向かう列車でした。
写真は「ゆうづる5号(15M)」、列車番号は正しいかな?

 
撮影は、1978年(昭和53年)10月、絵入りヘッドマークになったばかりの頃ですね。
背広姿の人が何人か写っています。写真を撮っている方もいらっしゃいますね。
寝台特急で青森の方へ仕事に行かれる方も多かったのでしょうか?
羨ましいですね…今は新幹線で日帰りも可能、ワクワク感はなくなりました。
カメラはPENTAX K2、レンズはsmcPENTAX55mmF1.8でした。
夜のホームで使った時のこのレンズの電灯の描写が好きでしたが、今は手元にありません。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/15 Tue. 06:59 [edit]

category: 鉄写(OLD)

tb: 0   cm: 8

583系(寝台特急あけぼの)~今更ですが…  

年末の12月29日と年始の1月4日に583系を使用した寝台特急「あけぼの」が走ったのは周知のとおりで、多くの方がブログでアップされておりますので今更ではありますが…

583系自体は「わくわくドリーム号」で時々は見ているし、行ったら絶対人が多いだろうなと思い悩んだのですが、1月4日の上り「あけぼの」の日は会社に行かねばならないし、年末に奥羽線の方まで行く時間的・金銭的余裕もないし、結局年末の上野駅に行ってしまっておりました。

12月29日の上野駅14番線周辺は、自分の予想を超える人・人・人…ここは激安バーゲン会場かという混み方でした。車止めを頂点として何重にも人垣ができており近づけず、かなり前の方(列車にして10両目あたり、ちなみに「あけぼの」は6両編成です)でやっとスペースを発見し、進入してくる列車を撮るしかありませんでした。
夜のホームで撮らなければいけないということ、人が鈴なりになっていることが予想されることから、カメラは感度をそれなりに上げられるK-5(K-5Ⅱはもっと暗部に強いらしい)を、レンズは自分の持っている一番明るい望遠レンズであるFA☆85mmF1.4を持って行きましたが、IS05000にしてやっと撮れたのが下の入線時の写真です(周辺は若干トリミングしました)。

 
入線後は、まともな写真はとても撮れなかったため、各車両の車両番号などを撮っておりましたが、これも人が前を横切るため、結構時間がかかりました(1号車が上野寄りです)。

1~2号車(クハネ583-8 & モハネ582-106) 


 

3~4号車(モハネ583-106 & モハネ582-100)


 

5~6号車(モハネ583-100 & クハネ583-17)


 
ちなみにホームはこんな有様で、近づけずに敗退しました(笑)。

 
上野駅発車時の写真は、機会を見てご紹介させていただきます(もっと酷いですが…)。
そういえば、1月4日の上り「あけぼの」は、結構な遅れだったそうですね。
雪付きの「あけぼの」も撮りたかったですが、1月4日は会社に遅刻するほど寝坊してしまっていたので、所詮無理でした…
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/14 Mon. 11:34 [edit]

category: 鉄写

験担ぎサービス 受験生に人気~大井川鉄道  

受験シーズン本番ですね。
その時は辛く思われますが、後から思えばいい経験です。
受験生の皆さん、頑張ってください!
 
本日の読売オンラインからです。
 
受験シーズンを迎え、「落ちない」「滑らない」などの験担ぎにちなんだサービスが受験生の人気を集めている。大井川鉄道は願い事を書く護摩木と「滑り止めの砂」のセットを販売、川根本町の体験施設「音戯(おとぎ)の郷」では「落ちない大石」のかけらを入れた福だるまの「絵付け体験」を行っている。
 
■完全燃焼
12日午後、島田市の大井川鉄道新金谷駅前の特産品販売施設「プラザロコ」で、同市立金谷中3年、紅林美咲さん(15)ら3人が護摩木に「合格祈願」などと書いていた。
同鉄道は今月1日から、願い事成就の護摩木と滑り止めの砂のセット(200円)を販売しており、願い事が書かれた護摩木は蒸気機関車(SL)の走行中、運転士が成就を祈って約1000度に達する釜に入れ、「完全燃焼」させる。急勾配を登る際、滑り止めとしてレール上にまく砂はお守り用だ。
紅林さんたちは「木と一緒に、燃え尽きるまで走りきりたい」と、受験本番に向けて気合を入れ直していた。
このセットは、新金谷駅や千頭駅で2月28日まで販売される。9日までに約400セット売れたという。
また、同鉄道は12日から、「合格」の語呂合わせで五角形にしたヘッドマークを付けたSLの「合格祈願応援列車」の運行も始めた。14日まで。同社の担当者は「護摩木のように目標に向かって完全燃焼し、合格まで突き進んでほしい」と力を込める。
(以下略)
 
「滑り止めの砂」はいい考えですが、第一志望の方がいいですよね。
また、受験で「燃え尽きるまで」と言いつつも、実際はまだ先がありますので本当に燃え尽きないようにしてくださいね。
 
読売オンラインの記事はこちら
なお、掲載が不適とのご指摘などがあった場合は速やかに削除いたします。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/13 Sun. 13:42 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 2

181系(ボンネット型特急とき)~冬の水上にて  

冬の水上機関区におけるEF16を先日ご紹介させていただきましたが、同じ1979年(昭和54年)1月3日に上越線水上駅近くでボンネット型特急「とき10号」を撮影しました。
ただ、編成が長くて一部が木立ちに隠れてしまっています。
また、よく見るとこれはフロントではなくリアエンドですね。
ところで、この橋は利根川第六橋りょうというのでしたっけ?(違っていたらすみません。)

 
EF16の記事でも書きましたが、この日のことは全然記憶にありません。
でも、フイルムはあるし当時よく一緒に出かけていた友人が写っている写真もあったので、確かに行っているんですよねえ…
(ちなみにその友人は急行「しらゆき」の記事で左側に写っている彼です。)
彼とも数年に1回程度しか会わないので確認していませんが、今度聞いてみたいと思います。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/13 Sun. 08:56 [edit]

category: ~181系特急「とき」

tb: 0   cm: 6

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top