A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

SL博物館構想、「鉄道の聖地」に…試乗は倍率100倍  

少し古いニュース(元旦の読売オンライン)ですが、名古屋市がSL博物館の建設を検討しているそうです。

《名古屋市が、世界各地の蒸気機関車を展示する「SL博物館」の建設を検討していることが(12月)31日わかった。
名古屋駅近くの笹島地区を候補地としており、新幹線や私鉄、在来線に加え、将来はリニア中央新幹線も集結する名古屋駅と合わせた「鉄道の聖地」とする考えだ。
 (中略)
1904年にドイツで製造され、中央線などを走った「B6型」など5両程度の展示を計画している。車両の方向を変える転車台や車庫を設け、「あおなみ線」と接続してSLが乗り入れできるようにする。飲食店や商業施設の誘致も検討する。》
 
河村市長、やる気満々ですね!
国土交通省は検討に参加するようですが、JR東海の名前は記事には出ていませんでした。
JR東海の参加がないと、実現は難しいかもしれませんね。

そういえば1月4日の日経Webにも名古屋の記事が出ていました。
こちらは凄いことになっているようですね。

《名古屋市は4日、2月16~17日に名古屋臨海高速鉄道「あおなみ線」に実験走行させる蒸気機関車の試乗希望者が12万人程度になったとみられると明らかにした。
1日3便で計1200人が乗車できる予定だが、12月下旬に締め切った往復はがきによる応募には全国から約4万通が殺到。最終的な倍率は約100倍に達しそうだ。
 (中略)
当日は名古屋駅近くの再開発地区に展望スポットを設ける。河村たかし市長は同日の年頭記者会見で、「名古屋の高層ビルを背景に走り抜けるSLを見に来てほしい」とPRしていた。》
 
梅小路のC56をレンタルするようですが、市街地で蒸気機関車を走らせるとなると、かなり厳重な警備が必要となるのでしょうね。
もし事故などがあると計画が頓挫してしまうおそれもあるでしょうから、そのようなことがないことを祈念いたします。

読売オンラインの記事はこちら
日経Webの記事はこちら
なお、掲載が不適とのご指摘などがあった場合は速やかに削除いたします。
 

 
 
話題のブログはこちらから

Posted on 2013/01/06 Sun. 09:29 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 6

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top