A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

東横線渋谷駅(東急)~85年分のありがとう  

既に終わって3日経ってしまいましたが、東横線渋谷駅の最後の頃の風景です。
30年前、日吉の友人のアパートに居候していた時期があり、短期間でしたが東横線のお世話になったことがありました。
その東横線と副都心線が相互乗り入れを開始することにより、地上の渋谷駅がなくなってしまうということで、東横線渋谷駅をちょっとだけ見学に行ってきました。
最近では1年程前に東横線に乗りましたが、写真を撮ったことはなかったです。
ホーム上には警備員がたくさん配置されていて、(主に)カメラマンを監視していました。
しかし、都心の駅で写真を撮るのは慣れていないこともあり難しいですね。
いろいろ撮りましたが、あまり面白い写真は撮れませんでした。
 

天井には「85年分のありがとう」の文字が。

 

TDRの大きなポスターも(30年と85年)。

 

柱にも。

 

列車が撮ってなかったです。

 
きれいなお姉さんと列車を絡めてみたかったのですが、じっくり撮っている時間もなく、目的達成できずに終了しました。
 

 
 
話題のブログはこちらから
関連記事

Posted on 2013/03/19 Tue. 07:25 [edit]

category: 鉄写

tb: 0   cm: 6

B20(ペーパー製)~切り抜く本「日本の蒸気機関車」  

ペーパー製のB20です。
1976年に誠文堂新光社から発売された「切り抜く本シリーズ」の「日本の蒸気機関車」から唯一作ったSLです。
この頃、自分は小学校高学年、型紙を切り抜いて作るだけのはずなのに下手くそですねえ。


おそらくB20を一両作った時点で飽きてしまったのでしょう。
他の機関車の型紙はそのままの状態で残っていました。
結構そのような人も多かったのではないでしょうか。
実物のB20は15両しか製造されなかったと思いますが、紙のB20は国内で数千両(もしかしたら数万両?)は造られたのではないかと思います(笑)。
この本は、何回か復刻版が出版されているようですが、途中で簡略版があったりするようです。
また、現在は絶版になっているようですね。

 
収録機関車は、B20のほか、7100、1850、5680、900、6400、4500、4110、8620、C55(流線型)、C11、D51、D51(半流線型:なめくじ)、C62、E10といった形式でした。
たしか「切り抜く本」シリーズには、「世界の戦闘機」とか「良く飛ぶ紙飛行機」とか飛行機ものがあり、旧日本軍の戦闘機(おそらく「隼」)も作った覚えがあるのですが、そちらの本は田舎の家の本棚には見つかりませんでした。
捨ててしまったのかなあ。
 

 
 
話題のブログはこちらから
関連記事

Posted on 2013/03/19 Tue. 06:46 [edit]

category: ~模型・グッズ等

tb: 0   cm: 6

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top