A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

201系(TV取材クルー)~東京駅にて  

1987年3月25日、東京駅の中央線1番線ホームで撮った「1987 3月31日 さようならJNR 日本国有鉄道」のヘッドマークを付けた201系特別快速高尾行電車です。
国鉄分割民営化を控え、この時期はこのようなヘッドマークを付けた列車があちこちで走っていました。
何処のチャンネルかわかりませんが、写真を撮っている自分たちを撮ろうとしているTV取材クルーがいますね。
ニュースか何かの番組で流されたのでしょうか…わかりませんが。

 
この頃、自分は非鉄時代に入っていて、鉄道写真を撮ることはほとんどなかったのですが、国鉄廃止まで一週間を切ったこの日、さすがに何かを思い立って東京駅へ出かけたようです。
国鉄が分割民営化されて、各社がおかしな塗色の列車をあちこちで走らせるようになり、自分の非鉄化はますます進行していきました。そして、復活までなんと20数年を要してしまいました。
その間に消えていった車両は数知れず…仕方ないですが、今更ながら悔やまれます。
 

 
 
話題のブログはこちらから
関連記事

Posted on 2013/03/30 Sat. 07:42 [edit]

category: 鉄写(OLD)

北総鉄道運賃引き下げ関連訴訟2件~Too Expensive!  

若干時間が経ってしまいましたが、最近2件の北総鉄道の運賃関連の訴訟の判決が出ました。
 
①「北総線の運賃高い」国に値下げ求めた住民敗訴
1つめは3月27日の読売Webからです。
運賃が高いことで有名な北総鉄道ですが、沿線住民の運賃値下げ命令を求める訴訟で住民側が敗訴しました。
つくばエクスプレス(TX)は初乗りが160円、これに対して北総鉄道は190円。この差はどこから生じているのでしょう。記事には出ていませんが、関係者に聞いた話では、TXの建設費用は無利子融資でしたが、北総鉄道は有利子(それも高金利時代)だったということで、これが北総鉄道の運賃が高い原因の1つのような気がします。もう1つは千葉ニュータウンの人気がなく予定どおり居住者が増えなかったこと、これも大きいでしょう。

北総線の沿線住民らが国を相手取り、北総鉄道への運賃値下げ命令などを求めた訴訟の判決が26日、東京地裁で言い渡された。
定塚誠裁判長は、「現時点で運賃が法律の規定を超えるものとは認められない」として、原告の請求を退けた。
原告側は、北総線の運賃が高い原因として、成田スカイアクセスを運行する京成電鉄が北総鉄道に支払う線路使用料が不当に安いと指摘。そのため運賃が高く設定され、近距離で運賃が割高になるのは差別的だと主張していた。両社が結んだ線路使用条件の認可取り消しや、北総鉄道の運賃認可の無効確認、値下げ命令などを求めていた。
 (中略)
国土交通省は「判決は結論において行政処分を否定するものではないが、今後の対応について検討したい」とするコメントを出した。
 
長いので中休み、北総鉄道の新車9200形です。


②北総線への補助金専決処分は「違法」、住民勝訴
2つめは、3月22日の読売Webからです。
千葉県と沿線6市は、北総鉄道の運賃引き下げのための補助金を支出しましたが、白井市だけは議会が反対したため当時の市長が専決処分で補助金を交付したことに、住民が訴訟を提起したものです。

千葉県北西部と東京都東部を結ぶ第3セクター「北総鉄道」に対し、沿線の同県白井市の市長が2010年に値下げのため補助金支出を専決処分したのは違法だとして、市民が市を相手取り、補助金返還などを求めた住民訴訟の判決が22日、千葉地裁であった。
多見谷寿郎裁判長は「専決処分は違法」として市に対し、横出久雅子前市長に約2360万円を返還請求するよう命じる判決を言い渡した。
県と周辺6市は09年11月、北総鉄道の約5%運賃値下げのため、年間3億円の補助金を10年から5年間支出することで合意。白井市は横出前市長が10年10月、補助金約2360万円を盛り込んだ予算を専決処分した。判決は、専決処分以前に市議会が2度、補助金支出を反対したことなどを指摘。専決処分の要件である「議会が議決すべき事を議決しないとき」には当たらず、違法と認定した。
 
1つめは、成田スカイアクセスができる前から北総鉄道の運賃は高かったので、線路使用料が入るならその分安くできるのではないかという理屈はあるかもしれませんね。
国土交通省は、今後の対応をどう検討するのでしょう。
2つめは、沿線自治体が皆で北総鉄道を支援しようと決めた方法ですが、今後、白井市だけが負担をしないということになれば、それはそれで不公平ということになりますね。
 (白井市民だけ運賃を値上げするとかはできませんし‥)
裁判所は判決は出すものの解決の方向性までは考えてはくれないようです。
 
①の記事(読売オンライン)はこちら
②の記事(読売オンライン)はこちら
なお、掲載が不適等のご指摘などがあった場合は速やかに削除いたします。
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
関連記事

Posted on 2013/03/30 Sat. 02:20 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top