A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

カリフォルニアの青い空(アルバート・ハモンド)~自分の馴染みは…  

久々のレコードネタです。
D51338さんがブログのタイトルに何回か使われていらっしゃった「カリフォルニアの青い空」ですが、今更ながらレコードを持っていたことを思い出しました。
アルバート・ハモンドは、こんな題名の歌を歌っていたのでアメリカ人だと思っていたらイギリス人なのですね。 2000年には大英帝国勲章を授与されているそうです。
ちなみにカーペンターズの「青春の輝き」は、この人の作曲でした。


自分がアルバート・ハモンドを聴いたのは、1981年にヒットしたLP「風のララバイ」の方が先で、このレコードのライナー・ノーツを読んで「カリフォルニアの青い空」という歌の存在を知り、順番からいえば後から買ったのがこのシングル盤でした。


そういった経緯から、正直なところ馴染みとしては「風のララバイ」の方があります。
自分が持っているのはLPでヤフオクの中古は数百円~のようですが、CDは絶版になっているようでAmazonでは4,560円(中古)~25,800円(新品)の価格が付けられていました。
写真はAmazonのサイトにあったCDのものです。

 
自分はもともとCDよりレコードの方が音がいいと思っていますので、レコードで充分なのですが、定価1,890円のCDにこれだけの値段が付いているということは、人手したいという方が結構いるということなのでしょうね。
 

 
話題のブログはこちらから
 
ALBERT HAMMOND

Posted on 2013/06/21 Fri. 06:57 [edit]

category: Audio & Visual

tb: 0   cm: 4

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top