A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

両陛下、近鉄「しまかぜ」で伊勢神宮へ  

昨日、天皇皇后両陛下は近鉄の「しまかぜ」(臨時列車)で伊勢神宮へ行かれたとのことです。
JR以外の私鉄の場合は御召列車とは言わないのでしょうか、よくわかりませんが…
記事は「伊勢志摩経済新聞」からです。
 
天皇皇后両陛下が、昨年の式年遷宮で新しくなった外宮(げくう)と内宮(ないくう)を参拝するため3月25日~28日の期間、伊勢市に滞在する。皇居を出た両陛下は25日、電車を乗り継ぎ近鉄の人気の新型観光特急「しまかぜ」に乗って伊勢に入った。
両陛下は、26日に外宮・内宮を参拝、27日に式年遷宮を記念してできた「せんぐう館」(伊勢市豊川町)、伊勢神宮に仕えた皇女「斎王」とその居所・斎宮の歴史を紹介する県立の博物館「斎宮歴史博物館」(多気郡明和町)を視察する。

「しまかぜ」は昨年3月、近畿日本鉄道(大阪市天王寺区)が伊勢神宮式年遷宮に合
わせ伊勢志摩地域活性化の起爆剤として導入した6両編成の新型観光特急(全138席)。大阪難波駅~賢島駅間を約2時間20分、近鉄名古屋駅~賢島駅間を約2時間で結び、それぞれ1日1往復する(水曜日を除く)。導入から1年を経過したが乗車率は今でもほぼ100%。1カ月前からの座席予約が発売開始と同時に完売するほど人気だ。本革のプレミアムシートは電動のマッサージ機能などが付き、1シート当たり約100万円の開発費を掛けた特別仕様。

今回の訪問で皇位継承の象徴とされ歴代の天皇に引き継がれてきた「剣=草薙剣(くさなぎのつるぎ)」と「璽(じ)=八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)」を持参する「剣璽(けんじ)動座」が、前回の式年遷宮後の参拝以来20年ぶりに行われる。伊勢神宮に納められている「鏡=八咫鏡(やたのかがみ)」と合わせて「三種の神器」がそろうことになる。

両陛下は「しまかぜ」のプレミアムシートに着席し、名古屋から伊勢までの旅を快適に過ごされたご様子で、宇治山田駅で下車されると詰め掛けた伊勢市民に対してにこやかに手を振り伊勢神宮内宮へ向かった。
 
伊勢志摩経済新聞の記事はこちら
なお、掲載が不適等のご指摘などがあった場合は速やかに削除いたします。
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
国鉄 JR東日本 御召し列車 近鉄 しまかぜ
関連記事

Posted on 2014/03/26 Wed. 07:08 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 4

日本を支えた鉄道の歴史~男の隠れ家 時空旅人  

昨日、本屋へ行ったらこんな雑誌が目に付いたので、つい買ってしまいました。

 
目次をご紹介するとこんな感じ
です。
◎四季うらら わたしの歳時記
第九回 文◎野田伊豆守 版画◎渡辺トモコ  
「眠りから覚めると外は別世界 寝台の旅は季節を再認識させる」
・昭和とともに去った海峡の女王 青函連絡船メモリアル
・日本を支えた鉄道の歴史
■第一章
富国強兵時代と鉄道
国策としての性格が強かった 鉄道黎明期
・明治 鉄道移動の夜明け
明治新政府の英断 官営鉄道建設
・大正 内外で躍進する鉄道事業
列強入りの切符となった 南満州鉄道
・昭和 鉄道と戦時体制
飛躍と崩壊のせめぎ合い 鉄道受難の時代
・アジアや日本に残された
鉄道風景の中に今も垣間見ることができる 戦争の記憶
・旅人の旅情をかき立てる 彩り豊かな地方の駅弁
■第二章
レジャーと通勤の時代
サービスの時代となり鉄道が大衆化した 鉄道最需要期
・昭和 鉄道も高度成長へ 寝台列車の一般化 ブルートレイン全盛へ
・のんびり列車で育む旅の思い出 夜行普通・快速列車
・多目的時代 多様化する列車の用途
〝みんなで移動〟が幸せだった時代 イベント列車の登場
・哀愁ただようスマート車体 ボンネット型車両の過去と今
・あの頃の味と温もりが今も忘れられない……食堂車物語
・さようなら、最後の東北行きブルートレイン あけぼの
・鉄道思い出風景 行商列車
・懐かしい列車と情景を見て学ぶ 思い出に出合う鉄道博物館
・木造駅舎の記憶 文◎米屋こうじ
・追憶の鉄道遺産
碓氷線近代化への高いハードル66.7‰への挑戦
■第三章
高速移動の幕開け
鉄道マンの悲願であった 高速鉄道の実現
・電車新時代 新たな鉄道の未来を模索
電車の速さを知らしめた 特急「こだま」の登場
・開発期 より速くより快適に
夢の超特急 東海道新幹線0系発進!
・発展期 路線網の拡充と増える新機種
鉄道に新たな未来を提案した 新幹線ネットワーク
未来へ 日本の宝、羽ばたく
開業50周年を迎えてもなお 進化は永遠に
・戦局の悪化によって挫折した
壮大な日本縦断新幹線 幻の弾丸列車計画
・大地を駆け抜ける雄姿
輝ける特急とヘッドマークのその由来
 
内容的には、昔、本で読んだようなことが多く、それぞれは短編で詳細な記述がある訳ではありませんが、最後の「輝ける特急とヘッドマークのその由来」に、ヘッドマークが沢山紹介されていたことにつられてしまいました(笑)。

 
定価は税込み780円(4月からは802円?)です。
出版社(三栄書房)のサイトはこちら
なお、自分は出版社の回し者ではありません(笑)。
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
JR東日本 国鉄 鉄道の歴史
関連記事

Posted on 2014/03/26 Wed. 06:48 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 6

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top