A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

トヨタ2000GTが大破~倒木が直撃  

各種報道によると6月8日の朝、富山県南砺市菅沼の国道156号でブナの巨木が倒れて通行中のトヨタ2000GTを直撃、車は大破したそうです。
運転していた奈良県の男性会社員(28)は、腕などに切り傷や打撲などの軽傷で済んだということで不幸中の幸いでした。
富山県警南砺署によると、ブナは高さ約30m、直径は最大1.9mで、根元付近から折れ約9m下の道路に落下、偶然通り掛かったトヨタ2000GTを直撃して、車は原形をとどめていないぽど潰れてしまったそうです(写真はアップいたしません)。
 

は、昔、撮影したトヨタ2000GTですが、紙焼きスキャンです…すみません。
我家の近くにも所有者がいるようなのですが、タイミングが合わず撮影できておりません。

 
トヨタ2000GTは、1967年~70年にかけて337台(正しい?)が生産されたのみの希少車で、市場に出ることも滅多にないと言われています。
中古車価格は1,000万円~2,500万円が相場で、昨年、アメリカのオークションでは、1967年式が1億1,800万円で落札され話題となりました。
新車時の価格は238万円で、現在価値にしてみると2,000万円程度とのことですから、価値が落ちていないと考えれば、相場価格はリーズナブル(?)なのかもしれません。

当時のトヨタには高性能エンジンを造る技術がなく、また、凝った内装デザインをすることもできなかったため、実際は大部分がバイクのエンジンや楽器製造でノウハウのあったヤマハの開発によるものとも言われるトヨタ2000GTですが、名車であることは間違いありません。
貴重な車が潰れてしまったのは本当に残念ですね。
 

 
話題のブログはこちらから
関連記事

Posted on 2014/06/11 Wed. 07:00 [edit]

category: 車(クルマ)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top