A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

EF63と眼鏡橋(碓氷峠の鉄道施設)安中市長が世界文化遺産追加登録に意欲  

このところ群馬ネタが多くなっておりますが、群馬県安中市の茂木英子市長は定例記者会見(6月24日)で、松井田地区の碓氷峠鉄道施設について、世界文化遺産への追加登録を目指す考えを明らかにしたそうです、
茂木市長は「富岡製糸揚が世界遺産に決まったのは、地域の皆さんがその価値を学び、盛り上げた成果。安中でもそういう動きができれば」と述べたとのことです。
写真は、久しぶりのFather's書庫から、1996年10月の眼鏡(メガネ)橋とEF63です。


碓氷峠の鉄道施設は2011年まで、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成内容に含まれていましたが、登録に向けた戦略の変更により外された経緯があります。
鉄好きとしては、是非実現して欲しいと思いますが、(日本が)自ら申請から外した施設を、早々に復活させて追加申請するということは(素人的にみても)難しいのではないかと思ってしまいます。
もし、できることであれば、横川~軽井沢間にアプト式の鉄道を再敷設(もちろん第三軌条も)して、ED42と同等の機関車を製造、EF63とともに観光鉄道として運行復活~などと夢が広がってしまうのですが…
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
国鉄 JR東日本 信越線 横川 軽井沢 ED42 EF63 世界遺産
関連記事

Posted on 2014/06/27 Fri. 07:23 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 8

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top