A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

JR北海道脱線事故~積荷配置も脱線要因  

本日の読売新聞朝刊(社会面)に記事が掲載されていましたが、2012年4月に江差線で起きた脱線事故について、運輸安全委員会は、積荷の片寄りやレールの歪みなどの複合した要因で起きたとの調査結果をまとめたそうです。
左右の車輪にかかる「輪重(りんじゅう)」に差が生じて、カーブでの遠心力によって脱線したとのことです。
 
写真は、大きな右カーブを抜け江戸川橋りょうへ向かうEF64 1038号機が牽引する1091レです。
(撮影は2014年6月の総武線です、記事とは関係ありません。コンテナが斜めになっているのでアップしました。)

 
JR貨物では、コンテナ内の積荷の積載方法は運送業者の責任と整理しているそうですが、積荷が片寄らないよう運送業者に要請を行っているそうです。
一方、レールの歪みについて、JR北海道では放置やデータ改ざんなど不正が行われており、JR北海道以外の各社でこのような脱線事故が生じていないことからすると、積荷の片寄りは脱線事故の遠因ではあるかもしれませんが主因ではないと思われます。
同列に扱うのも如何かと思いますが、これ以上は書くのは止めておきます。
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
JR東日本 JR北海道 江差線 JR貨物 国鉄 総武線 EF64
関連記事

Posted on 2014/07/14 Mon. 08:30 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 4

軌陸車(上野東京ライン)~秋葉原駅にて  

2015年3月に開業予定の上野東京ラインが、さる7月12日に地元住民に公開されたそうですね。
自分は地元住民ではないので、そのような催しに招待されることはないのが残念ですが、6月に仕事で横浜方面へ行った時、建設中の上野東京ライン上に「軌陸車」を見かけましたので、写真を撮っておきました。
この時は、前に向かって動くのかと思ったら、スルスルとバックしていってしまいましたので、写真は2枚しか撮影できませんでした(まともな方をアップさせていただきます)。
乗車した京浜東北線E233系のドアガラス越しに撮影しました(背景はヨドバシアキバです)。

 
正直なところ、「軌陸車」と呼ぶことすらも知りませんでしたが、Wikipediaによれば「軌陸車」とは「線路等の工事または作業に使用する機械で軌道及び一般道路を走行できるものをいい、保守用車に含まれる」とのことです。
要するに「軌道上と道路上のどちらでも走行できる自動車」ですね。
メルセデスベンツのウニモグなどが有名ですが、軌道上を走行しているのを見たのは初めてでした。
まあ道路上を走行していても自分は気が付かないでしょうけど…
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
JR東日本 国鉄 上野東京ライン 秋葉原駅 京浜東北線 E233系 コマツ トラック
関連記事

Posted on 2014/07/14 Mon. 06:45 [edit]

category: 鉄写

tb: 0   cm: 2

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top