A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

「北斗星」存続を~3道県がJR北へ要望  

ニュースとしては時間が経ってしまいましたが、去る1月13日に、青森・岩手両県と北海道が、寝台特急「北斗星」と「カシオペア」の存続要望書をJR北海道の西野史尚副社長(JR東日本出身)に提出したそうです。
3道県は昨年6月にも同様の要望を行っていますが、先月、JR北海道が「北斗星」を今年8月に廃止すると発表したことを受けて、あらためて存続を求めたとのことです。
 
写真は、昨年8月に東十条で撮った「北斗星」を牽引するEF510-513号機です。


「北斗星」と「カシオペア」が廃止になれば、3道県が抱える第3セクター鉄道会社への運行収入が見込めなくなることから、「3セクの経営維持(※)と観光の両面で寝台特急の存続は欠かせない」とのことですが、JR東日本への要望も含め、3道県には頑張っていただきたいですね。
ただ、発表されてしまってからでは手遅れ感は否めないですが…
 
※青森県の青い森鉄道対策室によれば、要望書では、青森・岩手の両県では、寝台特急が並行在来線を通行する際に青い森鉄道などの在来線運営会社に支払われる収入が、旅客運輸収入全体の約2割を占めるとのことです。
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
JR東日本 JR北海道 国鉄 北斗星 カシオペア 寝台特急 ブルートレイン ブルトレ EF510

Posted on 2015/01/16 Fri. 06:44 [edit]

category: その他

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top