A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

211系(高崎車両センター)~洗車ですっきり!  

2月11日ということで、今日は鉄道関係のブログに211系が沢山アップされるのかなと思いつつ、自分もやってしまいます。(笑)
撮影は、昨年の12月14日、東京都内では見られなくなってしまった湘南色の211系を、新前橋にある高崎車両センターで撮りました。
個人的には新前橋電車区という方がわかりやすいのですが…


この時は洗車の時間だったようで、ちょうど洗車機から出てきてすっきりしているところでした。
ただ、ステンレス車体は最初は綺麗なのですが、古くなると傷と黄ばみが痛々しくなりますね。
211系も余生を過ごす段階に来ているのでしょうが、ステンレスの黄ばみを隠すために115系のようにな塗色(全体塗装)にしてみたらどうなのでしょう…コスト面でダメですかね。


 
 
話題のブログはこちらから

JR東日本 国鉄 211系 湘南色 高崎車両センター 上越線 両毛線

Posted on 2015/02/11 Wed. 11:18 [edit]

category: 鉄写

TH-28D50(Panasonic)~我家のTVはブラウン管  

先日、会社で「うちのテレビはブラウン管だよ。」と言ったら皆に驚かれました。
メーカーはPanasonic、型番はTH-28D50というものです。
確かに電気店でブラウン管テレビを見かけなくなってから久しいですね。
でも、地デジも内蔵していますし、ハイビジョン映像もD端子接続ですがちゃんと見られます。
また、i-Link(IEEE1394)端子でI/OデータのRec-Pot(初期の外付HDD)も接続できますし、LANケーブルを繋いでネットを見ることもできます(滅多に使いませんが…)。
ただ、製造年は2004年、既に11年目ですのでそろそろ寿命かもしれないなと思い、写真を撮っておきました。
映っているのは、BSフジの鉄道伝説の一画面(EF58 16号機牽引の特急「はと」)ですが、場所は有楽町でしょうか。


このテレビを買った頃は、液晶テレビもまだまだ発展途上で、自分は液晶で目がチカチカするのが嫌でわざわざブラウン管テレビを買いました。
また、既に当時、大画面テレビが一般的になりつつありましたが、我家の居間はオーディオセットがかなりの部分を占めており28インチくらいがちょうど良かったのです。
更に、オーディオ機器に奥行きがあるのにテレビだけ薄くても意味ないなとも思っていました。
目に優しいブラウン管のテレビですが、これが壊れたら次はもう液晶などの薄型テレビを買うしかないですね。
メーカーは4Kテレビの宣伝を始めていますがそこまで必要あるのかなぁ。

TH-28D50のスペックはこちら


 
話題のブログはこちらから

Posted on 2015/02/11 Wed. 10:24 [edit]

category: Audio & Visual

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top