A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

THE SL(MASTER SOUND)~SONYがレコード自社生産を再開、29年ぶり  

もっと早く記事を書こうと思っていたのですが、なかなか手が回らず遅くなってしまいました。
ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が、6月29日、日本国内でのアナログレコードの自社生産を29年ぶりに再開すると発表しました。
同社子会社のソニーDADCジャパンのディスク製造工場(静岡県)にレコード用のプレス機を導入し、2017年度中の生産、受注開始を目指すそうです。
また、SMEは今年2月、東京都内のレコーディングスタジオにカッティングマシンを導入し、収録したその場で原盤(マスター)を制作できる環境を整えたとのことで、自社でマスター制作からプレス製造までを一貫して行うことができるようになります。
 
写真は、1980年頃にCBSソニーから発売されていた高音質レコード「マスターサウンド」シリーズの1枚「THE SL」です。


コンテンツは以下の写真のとおりです(右下クリックで拡大します)。

SIDE-A
1.ALL OF SL SOUNDS 貴方のオーディオ・システムに直撃
 C57-1、C11-227、C56-44
2.これがSLサウンド!夢の後補機運転 ディジタル・レコーディングの威力
 C11-227、C56-44(1980年11月22日)
3.大自然にミニSL 耳に飛び込む汽笛・汽笛・汽笛
 コッペル1275型&出雲1号(1980年11月23・24日)
SIDE-B
1.大空転!豪音ボイラー唸り 肉体を揺さぶる重低音のパワー
 C57-1(1979年7月9日)
2.田舎の景色…ディジタルがまる録り パースペクティブ・サウンド
 C57-1(1979年7月10日)
3.アメリカの香り ディジタルで聴くデュランゴ機関区の風景
 K28タイプ478号機(1979年6月19~26日)
4.悪魔の汽笛
 K28タイプ478号機(1979年6月19~26日)
5.雷鳴下の蒸気機関車
 K36タイプ487号機(1979年6月19~26日)
※個人的にはA-3が貴重だと思います。
 
話を戻しますと、SMEは1989年に国内でのレコード自社生産を終了したとのことで、ソニーのアナログレコードの歴史は、この「THE SL」から約10年後に終了したことになります。
近年、若い人を中心にアナログレコードの人気が復活していることから、SMEもこれまでの外注から自社生産へ舵を切ったのでしょうね。
ちなみに、アナログレコードの2016年の国内生産枚数は79.9万枚と2009年の10.2万枚の約8倍となっているとのことです。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)のリリースペーパーはこちら


 
 
話題のブログはこちらから

JR西日本 JR東日本 国鉄 CBSソニー マスターサウンド

Posted on 2017/07/04 Tue. 06:35 [edit]

category: Audio & Visual

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top