A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

8000系(東武大師線)~2023年以降に自動運転の検証実施  

東武鉄道は、昨日(4月21日)、大師線において添乗員付き自動運転の実施に向けた検証を開始すると発表しました。
東武鉄道には、都市路線・地方路線が混在する多様かつ広範囲にわたる鉄道網があり、今後、少子高齢化、沿線人口及び労働人口の減少が進む中で、安全かつ利便性の高い輸送サービスを維持継続するために、より一層の業務の自動化や機械化の推進を図っていく必要があるため、その一環として、2023年度以降に大師線において検証運転を開始するとのことです。
そして、将来的には添乗員付き自動運転の実現を目指すそうです。

写真は、2020年1月に撮影した大師線の8000系です。
8000系 202001

自動運転は舞浜リゾートラインで既に実施されている(ガイドキャストと呼ばれる車掌は常務)ほか、JR九州では、緊急停止が可能となるよう職員が乗車した上での実証運転を進めていますが、大手私鉄にはこれまで導入事例はなく東武鉄道が初の実証運転開始となるとのことです。
なお、8000系に何らかの改造を加えるのか、新形式の車両を製造するのかは不明ですが、後者の可能性が高そうです。

東武鉄道のリリースペーパーはこちら

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

東武鉄道 8000系 自動運転 干支 ヘッドマーク 大師線 撮り鉄 鉄道
関連記事

Posted on 2021/04/21 Wed. 06:28 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 1

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top