A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

DD51(急行ニセコ)~「SLニセコ号」は11月3日で終了でした  

今回は1981年(昭和56年)の7月に撮影したDD51 741号機が牽引する急行「ニセコ」をご紹介させていただきます。
11月3日にJR北海道の「SLニセコ号」が運行を終了するとのことでしたので、その日にあわせて急行「二セコ号」をアップしようかななどと思っていたのですが、昨日の時点で完全に失念しておりました。(汗)
当時はヘッドマークはありませんでしたが、函館駅に入線してきたところを撮影しています。
わかりにくいですが客車は14系ブルートレインですね、左手にはDD13も顔を出しています。


DD51 741号機は、3つ目の機関車として有名だったようですね。
そんなことはあまり気にせずに撮影していたと思いますが、今から思えばこの時の北海道遠征は一週間程度の滞在で、且つ、狙って撮った訳でもないのに、3つ目のDD51を3両も撮影できたのはラッキーでした(この741号機の他、745号機と716号機を撮影できました)。
 
最後に、一度だけ撮影したC11 171号機牽引の「SLニセコ号」もアップしておきます(再掲)。

 
来年からは北海道東部まで行かないとSLの姿が見られなくなってしまうのは残念ですね。
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
国鉄 JR北海道 JR東日本 DD51 C11 DD13 14系 函館本線
関連記事

Posted on 2014/11/04 Tue. 23:04 [edit]

category: 鉄写(OLD)

tb: 0   cm: 6

コメント

No title

SLニセコは残念ですが仕方ないですね。
DD51のニセコ、それも三つ目玉を撮影できてラッキーでしたね。
そういえば最終のSLニセコは二つ目玉でしたね。

URL | D51338 #79D/WHSg
2014/11/04 23:13 | edit

No title

こんばんは。

DD51+14系の急行「ニセコ」はとても懐かしいですね。
1982年には乗車した事も有るので良く覚えています。
その時、北海道に10泊位したのですがDD51の3つ目は撮影出来ませんでした。
今回の投稿にもナイス有難うございました。

URL | tomoro #79D/WHSg
2014/11/05 00:12 | edit

No title

こんばんは。
「ニセコ」が14系に置き換えられた頃ですね。正直、同じ区間を走っていた
80系「北海」より快適だったのでは・・・と思いました。
本州へ継走されるであろう郵便車が、長距離急行らしく
いいアクセントになっていますね。

URL | garatahmet #79D/WHSg
2014/11/05 20:14 | edit

No title

D51338さん

こんばんは。
「SLニセコ号」の走行写真を一度くらい撮りたかったです。
2枚目の写真は小樽へ行ったついでの写真でしたので…
ラストランは2つ目の207号機だったようですね。
去就が気になりますね。
3つ目のDD51を撮れたのはたまたまで本当にラッキーでした。

URL | SL-10 #79D/WHSg
2014/11/05 21:40 | edit

No title

tomoroさん

こんばんは。
82年に急行「ニセコ」に乗車されたのですね。
自分は乗った記憶はありませんので羨ましいです。
3つ目のDD51はたまたま撮れてラッキーでした。
今回もナイス!ありがとうございました。

URL | SL-10 #79D/WHSg
2014/11/05 21:46 | edit

No title

garatahmetさん

おはようございます。
たまたま撮ったのか待ち受けて撮ったのか記憶にないのですが、
3つ目のDD51+14系の急行「ニセコ」を撮ってありました。
確かにキハ80系の特急「北海」より快適だったかもしれませんね。
郵便車は、この後、連絡船に乗るのですね。
考えたことがありませんでした。
ご教示ありがとうございました。

URL | SL-10 #79D/WHSg
2014/11/06 08:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://series181.blog.fc2.com/tb.php/1086-19a910ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top