A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

485系(リゾートエクスプレスゆう)~「ゆう」の角度(2)  

「ゆう」の角度の2回目、4~6号車のご紹介になります。
両毛線回送列車の駒形駅停車中に撮りました。

④サロ485-1
4号車(イベント車)です。
種車はサロ481-1002、定員外のフリースペースとして、フロアとドーム室で構成されていて、フロア部分は「走るディスコ」をイメージしたとのことです。
ドーム室は上部に設けられ、リクライニングシートが10脚配置されています。
(ドーム室は外から見えたのですが撮影を忘れました、すみません。)

 
側面に描かれた絵です。
こんな絵が描かれていたのですね、今まで気づいていませんでした(汗)。


⑤モロ484-2
5号車(定員39人)です。
種車はサロ189-7、2号車と同じですね。


⑥クモロ485-2
6号車(定員21人)です。
種車はサロ189-5、5号車とのユニットです。
動力ユニット車という以外はクロ484-2と変わらないようですね。


最後に出発していく「ゆう」をお見送り、また会いましょう。


Wikipediaをみると、この他に非電化区間用の電源車として、機関車連結用のマニ50-2186があるようですが、自分は遭遇したことはありません。
「リソートエクスプレスゆう」も当初改造が1991年で、既に20年以上が経過しています。
JR東日本の他のジョイフルトレインもそうですが、そろそろ引退の声が聞えてきてもおかしくない車齢になってきていますね。

なお、クロ484-1、モロ484-1、クモロ485-1は、何処にいるのかと思ったら、NO.DO.KAが2001年に普通車に格下げになる前にそれらの形式を名乗っていたようですね。
非鉄時代でしたので全然知りませんでした。
・サロ189-2⇒クモロ485-1⇒クモハ485-701(現在)
・サロ189-3⇒モロ484-1⇒モハ484-701(現在)
・サロ189-4⇒クロ484-1⇒クハ484-701(現在)
※備忘録的にこのページに記載させていただきました。
 

 
 
話題のブログはこちらから
関連記事

Posted on 2013/02/24 Sun. 07:24 [edit]

category: 鉄写

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://series181.blog.fc2.com/tb.php/349-c3934b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top