A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

スカイライン(ジャパン)~オリジナルファッションカタログ  

更新頻度の少ない車(クルマ)書庫ですが、今回は帰省時に実家で発見した日産スカイラインのオリジナルファッションカタログをご紹介させていただきます。
発行年の記載がないのですが、掲載されているのは「SKYLINE JAPAN(スカイライン・ジャパン)」関連商品なのでC210時代(1977年~1981年)のものですね。
そういえば中学生の頃、各社のディーラーを巡って車のカタログを集めていました。
カタログは段ボール箱に入れて物置にしまっておいたはずだったのですが残念ながら実家で処分されていました。(泣)
この小さな冊子は本棚の隅に挟まっていたので忘れたまま残っていました。

冬バージョン2種類(2年分?)です。
左の方が年代が古かったような記憶があります。
スカイラインオリジナルファッションカタログ(冬)-1

写真1枚目左を展開、表側はグッズ関連です。(幅1920ピクセルにしてあります。)
メタルプレートステッカー:Aタイプとディスク&ブックケースは持っていました。
スカイラインオリジナルファッションカタログ(冬)-2

裏側はウェア関連です。(幅1920ピクセルにしてあります。)
ウールブレンドウェア(Mr. & Ms.のトレーナー)は着ていました。
スカイラインオリジナルファッションカタログ(冬)-3

写真1枚目右の展開は割愛しました。
カタログの大きさは縦18cm×横51cm、幅が広くてスキャンが大変でした。
夏バージョンもありましたので季節になったらアップしたいと思います。

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

日産 スカイライン ジャパン Mr. & Ms. C210型 1977年 昭和52年 1981年 昭和56年

関連記事

Posted on 2020/12/12 Sat. 10:48 [edit]

category: 車(クルマ)

tb: 0   cm: 6

コメント

こんにちは。
スカイライン用のファッションカタログがあったのですね。
今では考えられません。
昔は、新型のスカイラインが出ると街中にあふれる時代でしたよね。
歴代の中で、私はジャパンのスタイルが一番好きです。
排ガス規制後でエンジン的にはつまらないのですがね。
私も一時、8万円で買ったジャパンの1800Tiというのに乗っていました。
GTじゃないとテールランプが丸くなく、「これスカイライン?」と友達にからかわれました。
パワーウィンドーがあるグレードなのにパワステが無く、ハンドルが重くて苦労しました。
でも、これでスキーに行ったりと思い出深い車でした。

URL | がたぱしゃ(gatapasya) #BaRPan0g
2020/12/12 11:11 | edit

こんにちは。
これは車自体のカタログとは違うのでしょうか?
僕はファミリア→プリメーラ→スパシオと乗りました。全部異なるメーカーの車です。また、ホンダ車が一度も乗っていません。ファミリアのみ中古で、あとの2台は新車でした。

URL | 四季彩 #-
2020/12/12 13:37 | edit

がたぱしゃさん

こんばんは。
若い人に人気があったのでこのようなグッズが企画・販売されたのでしょう。
日産のサイトを見たら現行スカイラインは600万円もするのでビックリしました。
昔は若い人でも頑張れば買えましたが今はとても買える値段ではありませんね。
600万円はともかく日本の車は高くなり過ぎた感があります。
若い人が車を買わないとよく言われますが
実態としては買えないということもあるのではないでしょうか。
パワステが標準になったのは80年代後半くらいだったでしょうか。
自分もパワステなしのシビックで両腕を鍛えていました。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2020/12/12 23:59 | edit

四季彩さん

こんばんは。
これはスカイラインの関連グッズのカタログです。
車のカタログは別途ありました。
履歴はマツダ⇒日産⇒トヨタなのですね。
自分は逆にホンダ以外の車に乗ったことがありません。
シビック⇒シティ⇒CR-X⇒S-MX⇒インテグラ×2⇒シビック⇒フィットです。
一番長く乗ったのはVTECのインテグラで13年でした。
今は動けばよいのでフィットで充分です。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2020/12/13 00:11 | edit

ファッションまでお揃えにしたら相当熱烈なファンですね。とか言いながら、当方もPIAAのF1デザインのトレーナー買ったことありますが。
スカイラインはいつも6気筒の象徴みたいな存在でした。今後は電動化の波で、6気筒エンジンを味わえなくなるのは残念な気がします。今やクラウンでさえも4気筒がメインみたいなので、時代の流れと受け入れるしかないです。
私自身は、電動化自体を否定するつもりはありませんが、諸問題(チャージに時間が掛かる、充電インフラが貧弱、プリウスに何故か多い暴走の回避の完成度)が解決しないと受け入れられません。

URL | キンゴロー #xy9NUe6o
2020/12/15 11:20 | edit

キンゴローさん

こんばんは。
スカイラインは若い人に人気がありましたが
何時の頃からかオジサン車になってしまいましたね。
ユーザーも歳をとるので仕方ないのかもしれませんが
現行モデルの600万円は若い人が買うには高過ぎます。
また、電動化がエコというのは間違っていると思います。
発電が風力や水力だけというならそうですが現実は違います。
中国のペースに乗せられず日本は水素で行くべきと思います。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2020/12/15 23:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://series181.blog.fc2.com/tb.php/3616-ecef137a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top