A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

D51(498号機)~復活30周年記念HMと記念装飾テンダー  

今回は「○年前の今日」シリーズから、4年前の今日(2018年12月15日)、信越本線で撮影したD51 498号機をご紹介させていただきます。
この日は、復活30周年となるD51 498号機を撮影していました。

復活30周年記念HMを掲げた正面写真です。
D51498(復活30周年記念HM) 201812

記念装飾が施されたテンダーです。
D51498(復活30周年記念装飾テンダー) 201812

高崎のSLも10月28日を最後に、発表されている限りでは来年2月末まで4ヶ月間全く運転予定がありません。
3月以降についてはわかりませんが、コロナ禍によるJR東日本の赤字拡大のためなのでしょうか。
以前はほぼ毎週運転されていたことを思うと先行きが心配になります。

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

JR東日本 国鉄 D51498 30周年 記念 テンダー 炭水車 信越本線 ヘッドマーク 撮り鉄 鉄道
関連記事

Posted on 2022/12/15 Thu. 06:27 [edit]

category: 鉄写

tb: 0   cm: 8

コメント

おはようございます。
SLはとにかく人手とお金がかかる代物です。運転せず保守管理だけでも年間100万円以上かかります。大井川鐵道に日本ナショナルトラスト保有のC11が1両あります。運転は年間8回程度ですが、保守管理だけで100万円以上かかるので、運転はこれが精一杯らしいです。真岡鐵道がSLを1両手放しました。SL運転はJRより私鉄や三セクの方が積極的なように思います。僕もJRのSL列車は乗ったことがなく、すべて私鉄と三セクです。

URL | 四季彩 #-
2022/12/15 06:54 | edit

一番悲しいのは、以前は恒例だったSLみなかみの1月運行が無くなったことです。
雪の中を行くSLを撮るためにスタッドレスタイヤを買ったのですが、
タイヤを買った翌年から無くなってしまいました。
今でも一応年末にはスタッドレスへ交換はしていますが、
結局、1度も雪の上を走らなかったという年も多いです・・・

URL | がたぱしゃ(gatapasya) #BaRPan0g
2022/12/15 10:38 | edit

おはようございます
改めて炭水車を見るとキャブに比べてこんなに大きかったんですね。
淵野辺駅南口から少し行った鹿沼台公園にD52の静態保存機がありますが、この事については全く気づきませんでした。
水蒸気になると体積が6000倍になり、狭い管を通すと高い圧力になる事に着眼したスティーブンソンは素晴らしいと思います。大型船舶の動力や発電設備も高圧水蒸気で発電機のタービンブレードを回しますから原理は似てますよね。
ただ、SLはエネルギー効率が20%程度と液体式DLの70%台よりも悪いのと、線路周辺への排煙、車重が重く線路規格の低い亜幹線に入りづらいと泣く泣く撤退せざるをえない状況に追い込まれたのは悲しい限りです。

URL | Tc481-501 #-
2022/12/15 11:49 | edit

四季彩さん

おはようございます。
SLは動かせば動かすほどコストが上昇するので
このご時世で運転回数が減るのは仕方ないのでしょうね。
JR東の大型機では尚更です。
それにしても高崎機の稼働は少な過ぎる感はありますが…
自分が最後に乗ったSL列車は10数年前の大井川でした。
その頃はまだ非鉄で写真もほとんど撮りませんでした。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2022/12/16 08:24 | edit

がたぱしゃさん

おはようございます。
大雪で動けなくなったことがあった年の
次の冬から1月の運転を止めだのでしたっけ。
この冬は12月も2月も運転されませんね。
自分は定期的に群馬へ帰るのでスタッドレスを付けていますが
群馬で雪道を走ったことはありません。
次はオールシーズンタイヤが良いかなと思いますがどうなのでしょうね。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2022/12/16 08:33 | edit

Tc481-501さん

おはようございます。
大型機のテンダーはデカいです。
だから大型機ナノでしょうが…
D52はさらにデカいですね。
スティーブンソン、懐かしい名前ですね。
昔にテストに出たかな。
蒸気機関の発明が産業革命に繋がったのでしたね。
ただ、地球温暖化の原因となったのも事実でしょうね。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2022/12/16 08:50 | edit

こんばんは。
大井川の静態保存機復活で3億、全検通すのに1億必要とか。運転回数減らすのは仕方ないとして冬に走らないのは寂しいですね。かつては毎年冬に磐越西線走っていて、電化区間ながらすごく良かったです。
スタッドレスタイヤはスキー場の入口の坂道でスキー靴の人が転けそうな道を何事もなかったように走れるのには感動しましたが、コストと管理の手間を考えると降ったら走らない、応急用にチェーン携行で済ませてます。タイヤがあまり普及してないサイズで高いというのもネックで、最近はスイフトも同じサイズを履くグレードがあるので値がこなれてきた感はあります。最初のときは、初めての扁平率55、初めての16インチでおおってなったけど、買い替えのときに普及グレードのタイヤが安売りしている横目で値引き率低そうなサイズが恨めしく思えました。

URL | キンゴロー #3/VKSDZ2
2022/12/16 22:09 | edit

キンゴローさん

こんにちは。
大雪の心配もあるのでしょうが、それ以上にコスト削減&収入増が
至上命題となっているのでしょうね。
スタッドレスタイヤは、それまでのものが硬化してきたため
昨年の今頃に買い換えました。
夏用タイヤは実家に置いたままで換えるのも面倒だったため
結局1年間そのまま使っています。
長距離走は殆どしないしスピードも出さないので
それほどタイヤが減ることもないみたいです。
安値の外国製タイヤもありましたがさすがに国産にはしています。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2022/12/18 11:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://series181.blog.fc2.com/tb.php/4375-37d5bd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top