A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

EF65+EF30+EF70+EF63+EF60+DD51(碓氷峠をめざして②)~オレンジカード  

今回は、碓氷峠鉄道文化むら開園1周年記念のオレンジカード「碓氷峠をめざして②」をご紹介させていただきます。
「碓氷峠をめざして①」は先月ご紹介させていただきましたが、その続きになります。
鉄道文化むらに保存される機関車(EF30 20号機、EF70 1001号機、EF63 1号機、EF60 501号機)が、EF65 509号機とDD51 842号機のPPで運ばれているところですね。
碓氷峠をめざして②(オレンジカード) 199809

こちらは、Father's書庫から、横川駅に到着した同じ編成です。
EF65509+EF3020+EF701001+EF631+EF60501+DD51842

「碓氷峠をめざして①」は1998年(平成10年)9月17日、「碓氷峠をめざして②」は1998年9月24日でした。
残念ながら、両日とも天気が悪かったようです。

バナーFC2.pngバナーR.jpgにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へバナー鉄道コム.png

国鉄 JR東日本 EF65 EF30 EF70 EF63 EF60 DD51 碓氷峠 鉄道文化むら 横川駅 撮り鉄 安中橋梁 下碓氷橋梁 鉄道 信越本線

関連記事

Posted on 2023/09/14 Thu. 06:31 [edit]

category: ~模型・グッズ等

tb: 0   cm: 8

コメント

おはようございます。
確かに川が増水していますね。EF70は、ここは自力では走れませんね。鉄道文化むらは、行ったことがないので、よくわかりません。
現在は、横軽のバスは大変なので、もう二度と乗りたくないです。埼玉県から長野に行くには、新幹線or高速バスしかないので、横軽廃止が痛いです。三セクでもよいので、残してほしかったです。ただ、県境を通過するので、三セク化が難しかったのでしょうか?
昨日、大泉学園駅近くの牧野記念庭園を見学しました。朝ドラ「らんまん」の主人公です。牧野博士の偉大さを感じました。入場無料です。

URL | 四季彩 #-
2023/09/14 06:52 | edit

四季彩さん

おはようございます。
国鉄末期、高崎に電気機関車館を造る構想があり
多くの電機が集められましたが実現しませんでした。
結果として横川で保存されることになったようです。
横軽のバスは乗り心地が酷いのですか。
横軽廃止は県境ということもあると思いますが
やはりコストがかかり過ぎるからではないでしょうか。
EF63は60年代の機関車で寿命が近かったでしょうし
アプト式を復活させるにしても機関車がなく難しかったのだと思います。
ただ、今ならインバウンド向けの観光鉄道として残せたかもしれません。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2023/09/14 08:55 | edit

ネットが無いこの時代、お父様はどうやってこの列車のスジを知ったのでしょうね。
当時のダイヤ情報誌にでも載ったのでしょうか。
(だったら劇パだったことでしょう)

URL | がたぱしゃ(gatapasya) #BaRPan0g
2023/09/14 09:30 | edit

お父上のお写真、EL5輌の車体高さの差が良くわかりとても興味深いです。
62と協調していた頃に63の方がずっと高いのは気付いていましたが、70も高いのですね。
逆に30の床が一番低いのも発見でした(高さは65と同じなのに)。
貴重なお写真のアップを有難うございました。

URL | 釜屋どん兵衛 #-
2023/09/14 10:04 | edit

PFのJR貨物色は余り気にならなかったのに500番台には全然似合わないのですね。
この時は東日本自前ではなく貨物会社にが輸送を担当したのは、驚きました。横軽は国鉄由来の重厚長大施設の維持がペイしないのでは無いでしょうか。
急勾配区間であっても箱根登山鉄道のように運営できて居るところもあるので、コンパクトな運用ができたら残せたのかもしれないです。とはいえ、設備を入れ替えたり作り替えるのは相当な費用がかかり現実的でないとの結論が出されたのかもしれません。
あと、信楽線の事故(JR西日本の勝手なも重要で信号設備改造が主原因とはいえ、出発許可を出してしまったことも原因の1つ)とかを考えれば運営会社の体制も懸念材料となり得る特殊線区なので廃止してリスクヘッジしたというのは勘ぐりすぎでしょうか。とはいえ、碓氷バイパスのバス事故の件も考慮するとこの区間の運行は色々な懸念材料がありそうです。過去に、碓氷バイパスの下りをずっとブレーキランプを点けっぱなしで降りていった先行車を目撃したこともあるので、世の中には理屈も分からず度胸だけで運転している人も居るのだと思い知った次第です。

URL | キンゴロー #3/VKSDZ2
2023/09/14 23:27 | edit

がたぱしゃさん

おはようございます。
聞いておけばよかったのですが残念ながらもう聞けません。
カメラマンは多くなさそうなのでDJ誌には載らなかったのではないかと思います。
(わかりませんが…)
思うに撮り鉄の友人から教えてもらったのではないかと思います。
新前橋電車区から遠くない場所でお店を経営している友人がいました。
その友人が父より先に亡くなり、その後はあまり撮影しなくなったようでした。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2023/09/15 09:54 | edit

釜屋どん兵衛さん

おはようございます。
流石、目の付け所が違いますね。
それぞれ微妙に違いがあるのですね。
たしかに父の撮った写真の方が車高の違いがよくわかります。
評価していただき父も喜んでいると思います。


URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2023/09/15 10:01 | edit

キンゴローさん

おはようございます。
この塗り分けはEF81にもありますね。
非貫通型の機関車には似合わないようです。
リアはDD51842なのでJR貨物とJR東日本の共同運用だったようです。
高崎にもJR東日本の機関車がいるはずなのに何故だったのでしょうね。
箱根登山鉄道のように数両の電車がスイッチバックを繰り返して
上下するのであれば三セクでも運用は可能だったように思います。
ただ、ほぼゼロから設備を設置・改修する必要があり難しかったのでしょうね。
峠はやはり上りより下りの安全確保が重要ですよね。
昭和時代にEF62とEF63の4連回送列車が暴走した事故もありましたね。

URL | SL10(Series181) #FHdD7f6w
2023/09/15 10:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://series181.blog.fc2.com/tb.php/4637-2c78c0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

更新通知登録ボタン

最新記事

最新コメント

PVランキング

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top