A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

X1/9(ベルトーネ)~LA CARROZZERIA ITALIANA ‘77 (5)  

なんと2013年2月28日以来、1年2ヶ月ぶりにLa Carrozzeria Italiana '77の記事のアップです。
あまりにも間があいてしまったので、簡単に説明させていただきますと、「La Carrozzeria Italiana(カロッツェリア・イタリアーナ)'77」は、1977年(昭和52年)の7月、東京晴海の国際見本市会場で、イタリアン・デザイナーのコンセプトカーが展示されたイペントでした。
ちょうど日本ではスーパーカーブームの頃だったと思いますが、多くが世界に1台~数台しかないという貴重な車でした。
また、これにあわせて、ベルトーネ、ピニンファリーナ、ザガート、ミケロッテイ、ジウジアーロなど名だたる巨匠が来日したのでした。

ブログを遡ってみたところ、これまでに、①フェラーリ・レインボウ、②ミケロッテイ・レーザー、③ランボルギーニ・ブラボー、④アルファロメオ・ナバホ、といった展示車を紹介させていただいてお
りました。
今回、あらためて「車(クルマ)」書庫を作りましたので、今後、自動車ネタはこちらにアップさせていただきたいと思います。

そして、久々の5回目となる今回は、ベルトーネのX1/9(エックスワンナイン)をご紹介いたします。
X1/9といえば、FIATではないかとおっしゃる方も多いかと思うのですが、Wikipediaで確認したところ、1972年のデビューから1981年までがFIATモデルで、1982年から1989年(製造中止年)までがベルトーネモデルということでした。
そうであれば、この催しの時点ではFIATモデルのはずですが、表示はベルトーネX1/9となっており、単にデザイナーの名前を冠したのか、他に理由があったのかはわかりません。


X1/9は子供の頃に好きだった車で、小学校の高学年の頃、何分の1かは忘れましたが、大きなプラモデルを作ったことがありました。
ボディはブルーメタリックにスプレー塗装して、内装も色を付けたことを覚えています。
ドアやトランクなどは可動式で、それなりに精密なものだったのですが、いつの間にか消えてしまいました…何処へいってしまったのでしょう。

X1/9は、小型の2シーターミッドシップカーで、エンジンは当初は1300cc/75psでしたが、最終モデルでは1500cc/85psにまでパワーアップされたようです。
この車、実は17年問も製造されていたのですね。
1989年の製造中止時点では既に興味もなかったのですが、若い頃なら乗ってみてもよかったかななんて思います(今は車への興味も薄れてしまっているのですが…)。
 

 
話題のブログはこちらから
 

Posted on 2014/04/25 Fri. 23:32 [edit]

category: 車(クルマ)

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

懐かしいですね~、エックスワンナイン!
高校生の頃に憧れましたね。当時は結構走っているのを見掛けましたし。
今でも私はスポーツカーならライトウェイトスポーツが好きです。
ロータス・エスプリとか欲しいですね~

URL | gatapasya #79D/WHSg
2014/04/26 00:16 | edit

No title

がたぱしゃさん

こんばんは。
X1/9は格好良かったですよね。
比較的リーズナブルだったのですよね…自分は買えませんでしたが。
自分もライトウエイト派ですね。
ロータス・エスプリは007に出ていましたね。
この催しでも展示されていたと思います。

URL | SL-10 #79D/WHSg
2014/04/26 21:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://series181.blog.fc2.com/tb.php/823-bc8705f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top