A.V.C 64(Series181)

Audio.Visual.Camera...

181系 & 165系(上越線)~桑畑のある風景  

群馬県の富岡製糸場と絹産業遺産群が世界文化遺産に登録されることが確実になったとのことで、本日朝の記事では上信電鉄のデキ1形電機関車をご紹介させていただきましたが、製糸といえば繭、繭といえばカイコ、カイコといえば桑の葉ということで、これまでにアップした群馬県内の写真から桑畑(桑の木)が写っているものを探してみました。
1枚目は、1979年(昭和54年)2月に上越線の八木原付近で撮影した181系特急「とき」です。
今年の2月にアップしていますので、ご記憶にある方も多いかと思います。


2枚目は、1979年8月に1枚目とほぼ同じ場所で撮影した165系急行「ゆけむり」です。
桑の葉がすごく茂っておりますが、夏にはこんな感じになったのですね。
それにしても列車が遠過ぎますね…

 
3枚目は、1980年の夏頃に上越線の津久田付近で撮影した181系特急「とき」です。
この場所には30年以上行っておりませんが、撮影地として有名な鉄橋ですね。
桑の葉は既に刈り取られているようです。
 
他にもありましたが、同じような写真が多いのでこの辺にしておきます。

子供の頃、誰かからカイコをもらって飼っていたことがありました。
繭ができるのは感勤的ですが、暫くすると白い蛾(カイコガ)になって飛んでいってしまいます。
そういえば怪獣モスラも糸をはいて繭を作りますね。
直接のモデルは「アトラス・モス」という蛾のようですが、カイコガとの関連も一定にあるようです。
カイコガは古くから日本人の生活に関わる昆虫であり、人間の傍で生活しています。
モスラも、小さな双子の妖精(ザ・ピ-ナッツ)や人間と深い関わりがある存在であるということのようです。
モスラは年代的(第1作は1961年)にまだ日本の絹織物産業が元気だった頃であったからこそ生まれた怪獣のような気がします。
現代だったらモスラのような怪獣はきっと生れないでしょうね。
 

 
 
話題のブログはこちらから
 
国鉄 JR東日本 上越線 181系 とき 165系 ゆけむり

Posted on 2014/04/28 Mon. 22:21 [edit]

category: 鉄写(OLD)

tb: 0   cm: 6

コメント

No title

中学校の同級生にデッカイ女の子がいました。
あだ名は「モスラ」でした。

URL | ふみきりマン #79D/WHSg
2014/04/28 22:47 | edit

No title

ふみきりマンさん

こんばんは。
女の子なのに「モスラ」ですか、ちょっとかわいそうですね。
鱗粉を撒き散らしていたとか…

URL | SL-10 #79D/WHSg
2014/04/29 00:12 | edit

No title

こんばんは!
桑畑もいろいろな表情がありますね。夏の桑の葉はすごいですね。
181系特急「とき」と165系急行「ゆけむり」にナイスです(微笑)

URL | なるさん #79D/WHSg
2014/04/29 02:23 | edit

No title

なるさんさん

おはようございます。
桑畑は身近にありました。
幼少期は近所に製糸工場もありましたよ。
群馬の養蚕業も見る影もないですが…
ナイス!ありがとうございました。

URL | SL-10 #79D/WHSg
2014/04/29 07:36 | edit

No title

こんにちは。

自分が小学生の頃に自宅の隣が織物工場でした。
小さい工場でしたが毎日はたを織る音がしていました。

URL | 北鉄局 #79D/WHSg
2014/04/29 15:31 | edit

No title

北鉄局さん

こんばんは。
お返事が遅くなり申し訳ございません。
織物産業で日本人が生きていた時代があったのですよね。
あちこちに工場がありましたが多くは消えてしまいました。
蒸気機関車の廃止と重なる時期ではないでしょうか。

URL | SL-10 #79D/WHSg
2014/04/30 19:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://series181.blog.fc2.com/tb.php/828-8b1426c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アーカイブ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top